看護師

どうやって治すのか

病院

寛解率が高い

悪性リンパ腫はリンパ球がガン化する病気で腫瘍ができてしまうような一般的なガンとは違ってくるので、治療法が異なります。内科的な治療では化学療法や放射線療法が非常に人気の高い治療法になります。悪性リンパ腫の特徴は抗がん剤などが非常によく効くタイプのガンであるため化学療法などが選択されることが多いのです。辛い化学療法が選択される理由は寛解率が非常に高いという点があり、その割合は7割を超える実績があるからです。化学療法で徹底的にがん細胞をたたいて良い方向に持って行ってからさらに悪性リンパ腫を退治するために放射線治療を行います。こういった治療法で多くの人が寛解出来ているのでこういった治療法が悪性リンパ腫では人気があるのです。

他にも治療法がある

化学療法や放射線療法の他にも悪性リンパ腫に効果のある治療法があるので選択肢に加えるのもいい方法です。免疫治療という方法は自己のリンパ球を活性化させて治療をしていく方法で副作用がないのが大きな長所になります。化学療法は非常に大きな効果を発揮しますが、副作用が出やすい人もいて治療の継続が難しい場合があります。その点副作用がなければ非常に楽に治療を受ける事が出来ますから治療法として知っておくことは重要です。また化学療法などで治療を続けた結果リンパ球が弱まってしまう事があるのですが、強いリンパ球に戻してくれる治療法もあります。様々な治療法があってそれぞれに長所があることを知っておく事で最適な治療法を選ぶ事が出来ます。