看護師

はみ出た大腸

女性

すぼめたメッシュを挿入

鼠径ヘルニアとは、鼠径部つまり足の付け根のやや上の部分が、飛び出てくる病気です。飛び出てきたものの正体は大腸で、原因は本来は大腸をしっかりと覆っている筋膜が裂けてしまうことにあります。その裂け目から大腸がはみ出て、それによって鼠径部が飛び出たように膨らんで見えるようになるのです。筋膜が裂けることが原因ですから、鼠径ヘルニアの治療では、裂け目を塞ぐ手術が必要となります。具体的には、まずは鼠径部を切開し、そこからメッシュを挿入するという手術です。メッシュは、傘のように細くすぼめた状態となっているので、手術では小さく切開するだけで済みます。そして挿入してから、内部でメッシュを広げ、筋膜の裂け目を覆うのです。しっかりと覆うことで、そこから大腸がはみ出てくることはなくなりますし、それにより鼠径ヘルニアは治ります。

軽度のうちに治療

鼠径ヘルニアは、それ自体で生命が危険になるような病気ではありません。また軽度のうちは、飛び出た部分を手で押すと、腸を筋膜の裂け目の内部に押し込むことも可能です。押し込むと、鼠径部は飛び出ているようには見えなくなるので、鼠径ヘルニアは一時的に解消します。重い荷物を持ち上げるなど、下腹部に力を加えることで再び大腸がはみ出てきますが、下腹部全体を覆うサポーターなどを使用すれば防止できます。しかし、押し込んだりサポーターで押さえたりせずに放置していると、はみ出た大腸に便が詰まり、その部分が壊死してしまいます。すると生命が危険な状態になりますし、大腸を切り取る手術が必要となります。そのため鼠径ヘルニアは、軽度のうちに手術で治しておくことが大事とされています。