看護師

肛門に近い直腸部分のがん

カウンセリング

大腸がんの一種

直腸がんは大腸がんの一種であり、他の結腸がんと分類されます。肛門に近い直腸にできるがんであり、患者数は大腸がん全体の3〜4割を占めると言われています。直腸がんの主な症状は、便にあらわれることです。排便時に腸の中で出血を起こすため、血便が確認される場合も多いです。このときに、痔が原因で直腸がんと勘違いしてしまう人も少なくありません。しかし、痔の場合は便が出た後も出血があったり、鮮血であることが特徴です。直腸がんに見られる血便は、あくまでも便の中に血液が確認される場合になるので、気づきにくいところもあります。その他にも、便秘や下痢などが続く症状もあるため、排便の異常には早めに気付かなければいけません。こういった意識とともに、日頃の検査も直腸がんの早期発見のためには非常に有効な手段となります。

治療や検査の進歩

直腸がんの治療では、最近では人工肛門ではなく、肛門を温存させる方法が増えてきました。肛門に近い部位や進行状況によっては治療方法も違ってはきますが、人工肛門になっても一時的な場合もあります。人工肛門は便を排出する肛門括約筋を切除するために行う処置であり、腹部から便を排出させる機能です。この人工肛門は、昔と違って快適さがだいぶん追求されるようになりました。専用の袋が取り付けやすくなり、臭いや汚れなどがそこまで気にならなくなってきたのです。直腸がんと診断された場合でも、すぐに人工肛門を連想させる場合やその扱い方に対しても、心配する必要は少なくなっています。このような医療の進歩は検査にも及んでいることから、抵抗を少なくした内容の検査も広がりつつあります。