病院

どうやって治すのか

病院

悪性リンパ腫はリンパ球のガンですが寛解率も高いので最適な治療法を選択する事が非常に重要になってきます。化学療法や放射線療法以外でも免疫療法などの副作用がほぼない治療法もあることを知っておくと治療法の選択肢が広がります。

もっと読む

肛門に近い直腸部分のがん

カウンセリング

直腸がんとは直腸にできるがんであり、肛門に近い部位であるために排便に異常があらわれやすくなります。日頃から排便の変化に注意することや、検査を受けていくのも発見を遅れさせないための有効な手段です。直腸がんの治療は日々進歩しているため、肛門を温存させる場合も増えてきています。

もっと読む

はみ出た大腸

女性

鼠径ヘルニアは、筋膜が裂けて大腸がはみ出る病気です。これは、メッシュを挿入して筋膜の裂け目を覆うという手術で治すことができます。軽度のうちは、手で大腸を押し込んだり、サポーターで圧迫したりすることで、症状を抑えることが可能です。しかし放置により大腸が壊死することもあるので、早めの治療が肝心です。

もっと読む

突然に起きる痛み

医者

発症する理由

ヘルニアという病気は、誰でもが発症する可能性があるものです。なり易い特徴は重い荷物を運ぶ職業、肥満気味、同じ姿勢が長時間に及ぶ職業、首や腰にケガをしたことがあるなどが発症しやすくなります。腰に起きるヘルニアは捻る事、重たいものを持った時に急に発症する事もあります。また、骨盤の歪み、骨粗しょう症、加齢などが原因となり起きる場合もあります。頸椎に起きるヘルニアでは頭を支えている場所であることから発症がしやすくなります。この場合では腕のしびれなどを感じる事があります。ヘルニアの痛みの原因は炎症によるものが考えられます。炎症がなくなれば痛み自体は緩和されますが、ヘルニアが完治したものではないので注意してください。

日常の姿勢で予防が可能

ヘルニアの多くは数か月で自然に治癒することがあります。しかし、症状や重い場合では手術をしなければならない場合もあります。手術を薦められる症状は排便や排尿が困難になる場合、継続的な強い痛み、重症的な下肢の麻痺などがあげられます。再発や痛みがある場合、ひどくならない為にも原因と予防が重要になります。日常生活では正常な姿勢を心がけ腰などに負担をかけないようにする事、荷物などを持つ時のかがみ方、椅子や床に座っている時の姿勢、寝ている時の姿勢などの見直しなどで予防は可能になります。日常の正しい姿勢を行うことは再発や予防に効果があるので実践をすすめます。治療が必要な場合、手術が必要でない症状では、多くは保存療法から始めます。これは鎮痛剤などを使い痛みをとりながらコルセットなどで固定をして安静を心がけます。また、整体や整骨院での治療も方法としてあります。